Mitsugu Oyama のソフトウェア倉庫
 > コラム
  > 濱野純著「入門Git」活用の奨め

いきなりであるがプログラム・コードを書いている諸氏に普段の仕事で濱野純氏が著した「入門Git」を活用することを強く推奨する。git を活用するのではなく、濱野純氏著「入門Git」を活用するのである。git を活用する、という表現では手段を目的化してしまうことになり、本書に貫かれている本当に重要な事柄をすべて見落としてしまうことになる。

本書の著者には否定されてしまうかもしれないが、実はこの本は git の入門書ではない。この本は如何にして混乱なく仕事を進め、作成される成果物や成果物の履歴を如何に整然と整理するのか、ということをテーマにした、コードを書くことを生業とする人間の仕事の進め方の入門書である。本書ではその目的ために git を如何に役立たせるように利用するのか、について解説している。あくまで本書の主役は仕事の進め方であり、美しい履歴の保ち方なのである。

本書を仕事で活用する上でキーポイントになるのは履歴とブランチの扱いである。履歴とブランチは以下のように扱われなければならない。

上記のことを実施するための git を利用した具体的な方法が本書に書かれている。このルールに従うとどのようなメリットがあるのかを以下に列記してみる。

本書は以上のことを習慣化し身につけるための体系だった入門解説書なのだ。単にたった一つのツールのためだけのチュートリアルでも、リファレンスでもない。それが本書なのだ。

是非とも本書を仕事に導入してみてほしい。おそらく本書の視点を経由して git を使うことに決めて良かった、と心から思うことができるに違いない。少なくとも私はすでにその幸福を噛みしめている。本書はコードを書く者を幸福に導く福音の書なのだ。

本書には git のコマンドの解説がほとんどない。git を利用してエレガントな仕事の進め方を身につけるための本なのに不思議だと思われるかもしれないが、実は必要がないから書かれていないのだ。本書を読んでいて少しでも疑問を感じたら "git help" を実行することをお薦めする。たったそれだけで素晴らしいエンジニア人生が開けるのだ ( 金持になれるかどうかは知らないが )。

Happy Coding!!

著者の濱野純氏の入門 Git サポートページも読むべし。